真に労働した時間を確認します。定時の

真に労働した時間を確認します。
定時の時間は関係ありません。休憩時間は労働時間にはカウントしません。定時以降の賃金が支払われていない会社もたくさん存在しますが、それらは全て法を犯しています。
次に問題となるのは給与の割増です。
22時を超えた深夜労働や1日8時間以上の労働時の時間外の労働に関しては割増を一定以上するように法律で決まっています。
そのため、「23.5時間勤務した場合の給料ですので13
500円だけを支払う」というのは残業代や深夜割増の不払いになります。
サラリーの時効は普通は二年間とされています。
早急に詰め寄る考えがなかったとしてももしもの場合に備えて今のうちから記録をとっておきましょう。
ですが、固定残業代の場合に面倒なのは、「実際の契約はいくらか」というポイントがわかりにくい事です。
当然、高い基本給の場合残業代も高いので、会社は低い方がよいと考えるはずです。
もし残業代がしっかりと支払われない職場に入ってしまったら、働いた時間の記録を自分つけるようにしましょう。
会社が残す記録は、捻じ曲げられることも、隠匿されることもあるからです。
労働時間は給与だけでなく健康にも関わってくることなのですべての人に記録をつけてほしいところです。