ブリジット・ジョーンズのダイアリー

前週、フォト「ブリジット・ジョーンズのログ」の新作を観をめぐってきました。
これは仕事や色恋に連日奮闘する女ブリジットの内容だ。
先に脚本の書物を読んだんですけどはまってしまいました。
ドジなんだけどそういったブリジットが面白くて仕方ないんですよね。
これは3作品瞳ですが、奇抜脚本になります。
今回は無性に深刻な不幸に巻き込まれますが、これがブリジットにかかればとっくに笑いの洒落になって不思議と面白いことになるんですよ。
これが主役の魅力ですね。
この前と同様常に含み笑いっぱなしでいた。
元気が出るので今日苦しい精神になりがちなパーソンにおすすめです、そんな内面が吹っ飛びますよ!
1000歳以上前から日本で使われてきたフルーツのゆずは、夏季に「青玉」という青い実が漁獲され、旬を迎える10~12月に黄色く熟し市場に出回ります。 独特の気持ちいい香料といった、何らとしたほどよい酸味、ほのかな苦みや甘味があります。
たくさんあるゆずによる処方箋の中で、私のおすすめは出荷もされているハチミツゆず茶だ。 家庭でも焼ける処方箋を紹介します。
25杯分の部品は、ゆず4個、氷砂糖約350g、ハチミツ約300ccだ。 4~5個のゆずにきっかり良いがたいのDL入れ物が漬かる本数の水を入れた大きめの鍋を加熱し、沸騰したら10取り分ほどボイル滅菌行なう。 取り出したDL入れ物は、ふきんの上に置きカサカサさせます。きれいに洗ってモイスチャーを拭き取ったゆずは種とへたを省き、縦に4つに切り、いちょう切り行なう。 ゆずってゆずの内容本数という同本数の氷砂糖を1/3ずつゆず、氷砂糖の順に交互に入れて赴き蓋をします。 氷砂糖が少しずつ溶け、ゆずが漬かるくらいになったら、ちらほら取り混ぜながら、4日~2週UVの当たらない場所に置きます。 UVの当たらない会社で氷砂糖に漬けておくことができるタームは2週だ。その後氷砂糖が残っているときは冷蔵庫でDLする必要があります。 氷砂糖が溶けたら約300ccのハチミツを付け加え混ぜ合わせて出来栄えだ。 ハチミツの本数は、分量の半ば~同本数を目安にお好みで塩梅ください。 ちょくちょく取り混ぜながら冷蔵庫で2ヶ月はDLできますが、直ちにいただきましょう。
でき上がったハチミツゆず茶は、炭酸水やお湯で割るか、水切りヨーグルトにかけるのもオススメです。 ゆずのビタミンCとハチミツの滅菌効果は、感冒や花粉症に効き、感激働きもあるお湯で割った人懐っこいゆず茶を就寝前に飲むと、快眠が期待できます。とにかく作ってください。