自分へのご褒美

1996年頃アトランタ五輪で、見事に銅メダルを手にしたマミーマラソンランナーの有森裕子さんが受けたレポートの中に、世間の感動を呼び、涙ながらに口にした「自分で僕を褒めてあげたい」というその年頃の動き語大賞にも選ばれた講評がありました。
家内が痛い特訓にも耐え、必死になってエライ成果が、五輪という大土俵で実を結んですことに、己の活力やスタミナそうしてやる気に対して自分賛辞を贈りたい、そんな根性を「自分で僕を褒めてあげたい」という自分へのご褒美とも言える謳い文句で指しました。
ところで皆さんは自分へのご褒美を何か思い出されたことはありますか。猛勉強を通じて実験に合格した仕事場、ボスからプレゼンテーションの評価を得た仕事場、実践で優秀な数字を納めたことなど、他人の見方は当然な結果であったとしても、内面でとことん頑張ったといった評判できるならば、自分自身へのご褒美は、評価や充実感が再び大きくなります。
自分へのご褒美は、優良食堂で普段口にすることのできない食事を摂ることやブランド品を身につける仕事場、身内や同士とじわじわスパ旅をするなどの鮮やかをする人も多いようです。大切なことは、普段からの地道な追及に関する喜びや充実感を得ることです。
最後に、あなたの自分へのご褒美は何ですか?
先日通常ヨガをしています。アシュタンガヨガというものを通常15パイ行うことをルーチンとしている。ヨガをすると、頭がスッキリとしてきて大いに心地よい気分になれます。人体も正面屈したときに手の内がトータル階層にたどり着くようになりました。ヨガは、身体の瑞々しい輩しかできないということはありません。ヨガをする前の俺は、方策が階層に着かないほど人体が硬かっただ。ヨガを毎日行うようになってから人体が徐々に柔らかくなってきました。アシュタンガヨガの運動量は多いですが、ちゃんと気晴らし効果もあります。俺はこれからもアシュタンガヨガを通常続けていくと思います。